ともぞう。

ゆるゆる。しごと。おもうこと。

演出

以前、たまたま雑誌の取材をうけたとき。


つい、仕事の癖で。

プラスαの結果を出そうとしてしまって。

何の気なしに、良かれと思って、

さほど何も考えずに提案したんだけど。


発売されたものをみて、

バッサリ切られてて、笑った。


そうだった。

私みたいな素人が口を挟んではいけない。

彼らはプロの世界で生きてるわけですから。


ついでにいえば、

話したことすべてが、相手に伝わるのは、

無理なんだな。

とも思った。

内容はだいたいあってるけど、

ちょっとニュアンスがちがう。

でも、別に、わたし個人の記事な訳じゃないから、

まあ、だいたいあってればそれで十分。


ニュアンスがちがうというのは悪い意味ではなく、

明確なコンセプトのもとに取材をして記事をつくるから、

聞き手も、その線からははみ出ない、

でもわたしはただの素人で、コンセプトをあんまり知らないから、

こうかな?と聞かれたことを適当に話すので、

オチというか、終着がちがう。

そりゃそうか。

と、雑誌をみて、思いました。



以前、ドキュメンタリーで、

「自分の考えが出てくるのが厄介。

    監督の指示に従わないと」


と、俳優さんが言っていて、

あのとき、数年前は、ハテナ?

と思ったけど、今なら、わかる。

こういう演出ありきのお仕事はきっと、

プロじゃない人が邪魔しちゃいけないんだな。と。


100パーセントの思うことを伝えたいなら、

本を書くかブログを書くか、

なんでしょうね。


リアルでも、ノンリアルでも。

想いをつたえるのは、むずかしい。

うちのこの文字も。

伝わっているのか。いないのか。

答えはいらないのでコメント欄が、ない。

でも、もし、みつけてくれたら、

と。



広告を非表示にする