ともぞう。

ゆるゆる。しごと。おもうこと。

嘘つき

ダイアモンドより柔らかくてあたたかな未来。

て、歌詞が好きです。

これは、宇多田ヒカル


ダイアモンドが硬いのは常識。

それよりもやわらかくて、あたたかいもの。



自分のへんな習性で、なぜだか。

文字、や。

歌詞、に、惹かれて、

そこからすきになることがしょっちゅうあります。


音なら、シャープよりも、フラット。

シのフラット。



本も、ジャケ買いはあまりせず、

専ら、あとがきをさらりとみます。

あとがきを読んで、文体を見て、

買うか決めるという。

変なクセがあって。

それが当たりだ、と知ってからはもうずっと。


だから、好きな有名人は?

と、きかれたときも、

そのひとが書いた文章に惹かれるのが先。

顔は考慮されない。


とくに、

最近の自分の傾向として、てがみ。

てがみに弱いんだなと気づきました。



江國香織さんの、泣かない子供

二宮和也さんの、嵐に宛てて書いた24時間テレビで読んだてがみ。

岩井俊二監督の、映画Loveletterのてがみ。


みんなおなじ香りがします。

シのフラット。

ダイアモンドよりやわらかくてあたたかいもの。


3人の中で唯一、

二宮和也さんは作家でも監督でもない、

いわゆる表現者側のひとだから、

あのてがみを見たときは、驚きました。

私の心に、残るてがみでした。


彼が話した内容のインタビュー記事とかではなくて、

彼が自分で書いた本を読んでみたいなと。

彼が自分で演出した物語をみたいな。

と、思ったのでした。


いつかのいつか。またいつか。


広告を非表示にする